シンガポールGPで生き残る! 海外の反応まとめ

000: 海外の名無しさん
シンガポールGPのために、ドライバーたちはサウナでハンドルと首のトレーニングをしているとSNSにアップしているのを見たことがある。それほどシンガポールでのレースは精神的なものなのだ!

000: 海外の名無しさん
↑↑
あれはジョージだったと思う。

000: 海外の名無しさん
↑↑
シャツを脱ぐ口実は何でもいい。

000: 海外の名無しさん
↑↑
シンガポールもナイトレースだ。まだ昼間のマレーシアでドライバーがレースをしていた頃を想像してみてほしい。私はマレーシア人だけど、彼らがどうやっているのかまったく知らないよ

000: 海外の名無しさん
↑↑
シンガポールが悪い理由のひとつは、ストリートサーキットであるため、コースの両脇に壁があり(建物もある)空気が非常に淀んでいることだ。マレーシアは日中だったかもしれないが、専用に作られたサーキットであるため、空気がよりよく循環し、太陽からの余分な熱を補って余りある。シンガポールはマレーシアのサーキットよりも平均速度が低く、セーフティカーが導入される確率も高い(これもストリートサーキットのため)。
つまり、マレーシアがカレンダーにあったときでさえ、シンガポールは年間を通じて最も体力的に厳しいレースだったのだ。

000: 海外の名無しさん
それが熱帯の気候だ。雨が降っても汗をかく。

000: 海外の名無しさん
↑↑
私は南国に住んでいるが、何もせずに座っているだけで汗をかく。F1マシンの中がどんな感じなのか想像もつかないよ

000: 海外の名無しさん
↑↑
14年前に南国に引っ越してきたが、まだ暑さに慣れていない。

000: 海外の名無しさん
もしセパンがまだカレンダーに残っていたらと想像すると、彼らはものすごい汗をかくことになるだろう。

000: 海外の名無しさん
↑↑
マレーシア人だが、何もしていないのにすでに汗をかいていることを確認できる。

000: 海外の名無しさん
ヘルメットとレーシングスーツでは発汗による冷却効果はなく、2時間近く150bpm以上で走り続けるため、コックピット内は基本的に蒸し風呂状態になる。マーク・ウェバーがマレーシアでの準備について興味深いビデオを撮っていたが、彼のドクターによると、彼は基本的に40~41度の熱を出しながらドライブし、レース終盤には3~5キロの水分を失うという。

000: 海外の名無しさん
↑↑
そしてセパンのレースは日中に行われた。マレーシアではここ数週間、記憶にないほどの猛暑が続いた。今ならともかく、当時はどれだけひどかったことか。

created by Rinker
三栄書房
¥900 (2024/05/23 20:39:09時点 Amazon調べ-詳細)
1001: 音速の名無しさん 0000/00/00/00:00:00 ID:mochi_f1info
参照スレ:If you survive Singapore, then you're fit for anything else in F1 [f1nightrace on IG]
https://www.reddit.com/r/formula1/comments/16d34rc/if_you_survive_singapore_then_youre_fit_for/
とりあえず暑さ対策が重要そうですね。