ニューウェイ フェラーリ、ハミルトン、アロンソと仕事をしなかったことは 「感情的な後悔」と語る

Pre-eminent Formula 1 designer Adrian Newey says it “would have been fabulous” to work with Fernando Alonso and Lewis Hamilton in addition to possibly switching to Ferrari.

エイドリアン・ニューウェイは、フェラーリに移籍する可能性だけでなく、フェルナンド・アロンソやルイス・ハミルトンと仕事ができたら「素晴らしいだろう」と語った。

motorsport.com
001 : 海外の名無しさん
ビヨンド・ザ・グリッドのポッドキャストに基づく記事が3日分掲載された。

002 : 海外の名無しさん
>>001
1時間の長さで、無料で聴くことができる。今朝聴いてみたが、チェックする価値はあるが、画期的なことや劇的なことは何もない。ニューイは、自分の仕事に非常に興味を持っている、まっとうな男のようだ。彼の本を読んだ人なら、内容の90%はすでに聞いたことがあるだろう。ドライバーの組み合わせをどう見るかについては、興味深い考えを持っている。

003 : 海外の名無しさん
ポッドキャストより抜粋

チームメイトというのは興味深いものだ。チームメイトが最初にしたいことは、特に若かったり野心家だったりすると、自分が一番だとアピールすることだ。そして彼はおそらく、自分が一番だと思ってやってくる。それがドライバーの自信や何やらを破壊することもある。

そして実際、マックスのような信じられないほどの能力を持ったドライバーは、意図的な行動ではなく、アレックスがマックスの速さを理解するのに苦労したのだと思う。ピエール・ガスリーや他の例もそうだ。だから、2人のチームメイトを持つ場合、1人は並外れた才能を持ち、もう1人は素晴らしいが、そのレベルには達していない。

そのためには、何か別の方法を取らなければならない。もちろん、ニキとアランの対戦を見れば、それは可能だ。アランのほうが常に速かったが、ニキはチャンピオンになった。ニコとルイスについても同じことが言える。

004 : 海外の名無しさん
>>003
この男は、ここにいる私たちの多くが字を読めるようになる前から、ずっとトップを走り続けてきた。

005 : 海外の名無しさん
彼の本を読むと、フェラーリを特別に軽蔑しているような印象を受ける。

006 : 海外の名無しさん
>>005
また、彼は彼らのために働きたかったが、RBに感情的になっていた。

007 : 海外の名無しさん
>>006
そして、家族をイタリアに移住させたくなかった。

008 : 海外の名無しさん
>>005
さて、彼の本が発売されたのは今から5年前で、私が読んだ限りでは2016年から2017年の間に制作されたものだった。状況は変化するものだ。しかし、ニューイとフェラーリがうまくいくことはないだろうということには同意する。

009 : 海外の名無しさん
>>008
フェラーリの戦略家たちがニューイ設計のマシンで勝利を逃すのを見るのは興味深い。

010 : 海外の名無しさん
そして、ペレスの代わりにアロンソを2台目のレッドブルに乗せるよう働きかけてほしい。彼ならもっといい仕事をしてくれるに違いない。

011 : 海外の名無しさん
彼がRBに残ってくれてよかった。フェラーリの政治的な策略を乗り越えて、彼が望むものを自由に作ることができたとは思えない。

012 : 海外の名無しさん
>>011 それがウィリアムズとマクラーレンを去った理由だ。彼を全面的に信頼できるのはレッドブルだけだ。

created by Rinker
三栄
¥9,677 (2024/05/20 08:26:52時点 Amazon調べ-詳細)
1001: 音速の名無しさん 0000/00/00/00:00:00 ID:mochi_f1info
自由に移籍し、そこで自由に設計した世界線も見てみたかったな