ピアストリ マクラーレンは「とんでもない方向転換」を経て再びトップF1チームに

Oscar Piastri feels McLaren can again class itself as a top F1 team following what has been “one hell of a turnaround”.

オスカー・ピアストリは、マクラーレンが “とんでもない方向転換 “を遂げたことで、再びF1トップチームの仲間入りを果たすことができると考えている。

speedcafe.
001 : 海外の名無しさん
-オトマール・ザフナウアー、2023年2月

002 : 海外の名無しさん
>>001
(21点差なので、おそらく無理だろうが、それでも)

003 : 海外の名無しさん
>>002
誰かマックスに電話して、オスカーを勝たせてランドを残すようにはっきり言ってくれないか?

004 : 海外の名無しさん
>>003
でも、アルピーヌのDNFに期待しているんだ。彼らはかなりのエキスパートだから、期待を裏切らないでほしい。

でもそれ以外にも、オスカーがWDCの9位を、ピエールとエステバンが11位と12位を獲得している。シーズンの半分を走ったトラクターのことを考えれば、なおさらだ。

オトマーはどうしているのだろう?

005 : 海外の名無しさん
>>004
オスカーは WDC でほぼ P9 で、ピエールとエステバンは P11 と 12。

もっとも、これは今シーズン、マクラーレンが実際にアルピーヌよりどれだけ先を行っているかを示す控えめな表現だ。マクラーレンは定期的に表彰台に上り、アルピーヌも定期的にクレーンにぶら下がっている。

006 : 海外の名無しさん
>>001
オーストリアですべてが崩れていくのを見るのは、とても面白い。アップグレードされたマシンに乗ったノリスがノットの速度でガスリーを追い詰め、アルピーヌのピットウォールに切り替わる……シネマだ。レース終盤、オスカーの無線で、アップグレードはとても楽しそうで、早くやってみたいと語ったシーンは傑作だった。

そしてシルバーストーン、シェフのキス。

オトマーが解雇され、アルピーヌが一掃されたのはいつだったか覚えていないが、オスカーとマクラーレンがきっかけだった。彼らは口を閉ざし、頭を下げていた。アルピーヌにメルセデスと競争するようなことを言わせておいて、いきなり殴りかかってきた。

ピアストリとノリスは開幕当初、どこからも誰からも多くの非難を浴びた。2人ともマクラーレンと契約したことでキャリアを棒に振ったと言われた。ノリスは本当によく頑張っていたし、これからもっといいことが起こると言っていたが、彼を信じる人は一人もいなかった。その後、ミカが “マクラーレンは今後2カ月でマシンの速さで我々を驚かせるだろう “と発言し、誰もが彼がヤク中だと思った。

今となっては笑い話だけどね

007 : 海外の名無しさん
>>006
現在のマクラーレンは、”もちろん、一緒に仕事をしている “というだけでなく、舞台裏で本当に話し合っているチームだと私は感じている。関係者全員が腰を落ち着けて、年初に何をすべきかを話し合い、全員が納得して、ただ頭を下げて仕事に取りかかれるようにしているという感じがする。

008 : 海外の名無しさん
>>001
完全に間違っていたにもかかわらず、公共の場で若いドライバーを中傷しようとしたため、解雇された。オトマーもロッシも自業自得だ。

009 : 海外の名無しさん
>>008
今シーズンのハイライトは、カルマがこの2人にぶつかったことだ。

正直なところ、突然の交代劇のせいでアルピーヌが残りのシーズンで苦戦を強いられると予想していたが、彼らはまだアルピーヌのことをやってはいるが、少し新しい弾みがあるように見える。もしかしたら、この2人抜きでもチームは成長するかもしれない……。

010 : 海外の名無しさん
正直なところ、彼がルーキーシーズンに8レース分のハンディキャップを背負いながら、両ドライバーを圧倒したという事実は、今でもかなり滑稽だ。

011 : 海外の名無しさん
>一番励みになったのは、クルマに載せたいと思っていたもの、クルマを変えようと思っていたものがすべて、その通りになったことだ。

それはうれしいことだ。来年はもっとプッシュできるといいね。メルセデス、フェラーリ、特にアストンマーティンが後半に調子を落としたから、彼らにとっては楽だったと思うけどね。でも、彼らにとっては、来シーズンに向けて確かな地固めができたのはいいことだ。

012 : 海外の名無しさん
>>011
マクラーレンを客観的に読むのは難しい。

確かに彼らは大きな前進を遂げたが、そのような方法でマシンを継続的に開発してきた唯一のチームでもある。同時に、レッドブルはRB19を伝統的な方法で開発しなかったし、メルセデス/フェラーリは自分たちの問題を解決することから抜け出せていない。彼らがどれだけ大きな一歩を踏み出したかを把握するのは本当に難しい。

013 : 海外の名無しさん
>>012
マクラーレンが大規模なアップグレードでクルマの問題を解決したのに対し、メルセデスとフェラーリはうまく機能しない小さな修正を繰り返してきたという見方もできる。

来年は、メルセデスとフェラーリがコンセプトを変更し、マクラーレンが根本的なメカニカルハンドリングの問題を解決しようとしていることで、誰がレッドブルと戦えるのかが本当にわかる年になるだろう。

created by Rinker
三栄書房
¥900 (2024/05/23 11:56:43時点 Amazon調べ-詳細)
1001: 音速の名無しさん 0000/00/00/00:00:00 ID:mochi_f1info
参照スレ:Piastri: McLaren a top F1 team again after 'hell of a turnaround'
https://www.reddit.com/r/formula1/comments/17ttqe7/piastri_mclaren_a_top_f1_team_again_after_hell_of/
シーズン初めからしたら凄い進歩ですものね