ウィリアムズは来年もサージェントを乗せることを検討している模様

Williams boss James Vowles has given under-pressure Logan Sargeant a vote of confidence, insisting that the squad wants him to race on with it in Formula 1 next year.

ウィリアムズのボスであるジェームス・ボウルズは、プレッシャーのかかるローガン・サージェントに信頼を与え、来年もF1で戦ってほしいと主張した。

motorsport.com
001 : 海外の名無しさん
ボウルズがより正確に言ったのはこうだ: 我々は来年も彼を必要としている。

つまり、2024年が確定しているわけではなく、”私たちにスペースを与えて、ドライバーを管理させてほしい “ということなのだ。

002 : 海外の名無しさん
「ローガンにはシーズン終了までに達成しなければならない明確な目標があり、私たちは彼と継続的に取り組んでいる」とボウルズ

多くの人が言っているような保証はない。
ローガンには “非常に明確な目標 “があり、それはまだ達成されていない。

003 : 海外の名無しさん
>>002
最も単純かつ明白な目標、「驚異的な 1 点を獲得する」から始める

004 : 海外の名無しさん
>>003
ペナルティポイントもない。たぶん、それがボッタスにクラッシュした理由だろう

005 : 海外の名無しさん
ボウルズの実際のインスタビデオを見てみると、彼らは彼とアルボンの間の差が常にそれほど明確ではないことについて詳しく述べている。
彼らが彼に2年目を与え、それでも良くない場合は取り除くことを完全に期待している。

006 : 海外の名無しさん
>>005
あまり言及されていない最大の要因は、2025年にはほとんどのグリッドが使用可能になることだと思う。来年は、別のルーキーで振り出しに戻るか、シューマッハのようなドライバーを起用するかのどちらかだ。もしウィリアムズが、ローガンのこのひどい走りの果てに光があると信じているのなら、彼をキープして2025年に備えたいと考えるのは道理にかなっている。

007 : 海外の名無しさん
>>006
私もそれに気づいた。彼は、私がTPが考慮することを望むいくつかの要素について言及した。

ローガンには2年目が必要だと思う。そうでないなら、行かせて終わりにすればいい。しかし、ルーキーが受けるテストが激減している以上、それは完全に公平な指標とは言えない。

ピアストリのようなルーキーには、F1マシンに慣れるための長いテスト期間があった。また、ピアストリの方が全体的に才能のあるドライバーだと思う。

でも、ローガンはもう1年やる価値がある。彼がダメなのか、それともまあまあなのかは、2年目の中盤までに明らかになるだろう

created by Rinker
三栄書房
¥900 (2024/05/20 04:11:52時点 Amazon調べ-詳細)
1001: 音速の名無しさん 0000/00/00/00:00:00 ID:mochi_f1info
2年目までは様子を見たいところ